EXIT(いぐじぃっと)は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属の日本のお笑いコンビ。2017年12月結成。現在はヨシモト∞ホールを中心に活動中。お笑い第七世代の一つ。 ベイビーギャングを解散した後、ピン芸人としてチャラ漫談で活動していたりんたろー
17キロバイト (1,984 語) - 2019年8月13日 (火) 12:04



(出典 image.news.livedoor.com)



1 Egg ★ :2019/08/15(木) 06:58:03.11

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


反社会勢力への闇営業に端を発する一連の問題で吉本興業が揺れる中、所属お笑いコンビ「EXIT」のりんたろーさん(33)がツイッターで「アンケート調査」を呼びかけたことに、ファンから「こういう行動も起こすのって並大抵できることでない」と称賛する声があがっている。

【りんたろーさんが協力を呼びかけたアンケートの説明文】

 「ネオ渋谷系漫才」と呼ばれる「チャラ男」風のトークが特徴のEXITだが、吉本の未来を見据える行動に同じ吉本所属のトリオ「ジャングルポケット」太田博久さん(35)が「全くチャラくないけど、最高にかっちょいいね!」とツイッターに投稿するなど、吉本芸人からも反応があがった。

■「今こそ社員さんと芸人が手を組んで劇場も変わらなきゃいけない」

 りんたろーさんは2019年8月13日、「《∞ホールに所属する》【東京若手芸人の皆さんへ】」と題し、「かつて∞ホールには連日連夜沢山の人が押し寄せる無双時代がありました。あの劇場を取り戻す事が今なら出来ると思うんです。あなたの意見を聞かせてください。よかったら拡散してください」と投稿。芸歴10年目以下の吉本芸人がライブをする「ヨシモト∞ホール」(東京都渋谷区)を引き合いに出しながらアンケートへの協力を呼びかけた。

 アンケートのページにはその真意が合わせて書かれている。まず「皆様も知っての通り例の一件があり、よしもとの良い部分もそうでない部分も世間に晒される事になりました。しかしそれを機に、よしもとという大きい会社が良き方向に向かい始めた兆しを感じている今日この頃の俺達です。これは上のお兄さん達が生み出した流れです」とし、

  「『東京』の若手はこのままで良いでしょうか。『面白い若手』が、東京に『お笑い』というエンターテイメントが存在する事を世間の人は一体どれくらい知ってるでしょうか。かつてパンパンだったあの劇場は今、大阪の人気芸人さんに埋めてもらっているのが現状ではないでしょうか」
  
  「価値があるはずのそのネタもそのコンビもお客さんがいないと死んでいきます。良いネタは良い環境で育まれるものです。この現状にもっと俺達自身が危機感を持って、今こそ社員さんと芸人が手を組んで劇場も変わらなきゃいけないギリギリなラインな気がしてます」

といった言葉で危機感を示した。

8/14(水) 20:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00000014-jct-ent


(出典 news.biglobe.ne.jp)





3 名無しさん@恐縮です :2019/08/15(木) 07:01:49.58

テメーで考えろよ


8 名無しさん@恐縮です :2019/08/15(木) 07:05:56.84

>>3
猪木問答www


11 名無しさん@恐縮です :2019/08/15(木) 07:14:09.86

この人マジでただのYouTuberだと思ってた。


(出典 geinininfo.com)


12 名無しさん@恐縮です :2019/08/15(木) 07:15:58.08

ビジュアルはかっこよくはないが
こういう行動力はかっこいい


17 名無しさん@恐縮です :2019/08/15(木) 07:22:39.53

マジレスすると、

YouTubeで見るから劇場いらない。