人気YouTuber テキ屋の実態はこれや・・・・・・カンニング竹山、苦笑い


テキ屋にはテキ屋の理論?何やそれ!

 11日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 番組冒頭、竹山は「世の中これでいいのかな? と思うことがある」と語り始めた竹山。「そのへんはわざわざ表立って言わなくていいんじゃないか? と思うことが多々ある」「横文字で言うとグレーゾーンみたいなところなんですけど、すべてのことがマルがバツかじゃつまんないと思う」と、慎重に話を進めていく。


 かつて、若者に絶大な人気を誇る某YouTuberが「お祭りや縁日などに出店している“くじ引き”の裏側に迫る」といったテーマの動画をアップし、いまだに話題を呼んでいる。数百円〜千円ほどの料金を支払ってくじを引くシステムの露店はお馴染みだが、店側が謳っている通り最新ゲーム機など高価な商品も当たるのか? 全てのくじを引いて実際に当たりくじが入っているか確かめようとした動画だ。


 これに対し竹山は「テキ屋にはテキ屋の理論がありますから、まあ当たるわけないんですよね」とピシャリ。大抵は安い子ども向けのおもちゃが当たってお茶を濁す、という日本人ならば誰もが何となく理解している“屋台のくじ引き”のシステムについて語る竹山は、「こんなの当たんないよ、それでもやってみる? ほら見ろ当たらないだろ? こういうのは当たらないようにできてんだよ、それが世の中なんだよ。って教えられていくわけですよね」と、子どもたちに世間の暗黙のルールを諭す材料にもなっていたと振り返る。


 竹山は「それをYouTuberの子たちが、大金を使って全部引いて、当たらないから『これは詐欺じゃないか!?』っていう動画を撮っているんですけどね……」と苦笑ししつつ、「テキ屋にはテキ屋のルールがある。ああいうのは“そういうもの”なんですよ、それを分かって我々は大人になってきた」と強調する。


 さらに「人生は公式どおりじゃない」「若い子たちは善か悪か決めようとするけど、それほどつまらないことはないと思う」「大人になったらもっと不条理なことはたくさんある」と熱弁する竹山。「いい感じの“遊び”の部分を持った大人になっていく。それが我々の社会であり“粋”とか優しさになっていく」と、未来を担う若者たちに警鐘を鳴らした。


 「(YouTuberが)やってることはもちろん正しいんですけど、なんか納得いかない、危険な感じがした」「世の中には決められない、答えが出ないこともある」とノンストップで語り続けた竹山は、この日の特集テーマでもある「女性専用の風俗」と絡め、世の中にはあえて踏み込まなくていいこともあると締めていた。


▶︎【無料配信中】話題沸騰の女性用風俗とは?『カンニング竹山の土曜The NIGHT #27』


(C)AbemaTV



(出典 news.nicovideo.jp)

【人気YouTuber テキ屋の実態はこれや・・・・・・カンニング竹山、苦笑い】の続きを読む