瞬速ニュース

瞬速ニュースでは、最新のいろいろなニュース、芸能界の旬なネタ、情報を
いち早くお送りして行きたいと思います。

    カテゴリ:ニュース > フィギュアスケート

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    本田 (ほんだ みゆ、2004年6月1日 - )は、日本の女優、タレント、フィギュアスケート選手。京都府京都市伏見区出身。テアトルアカデミーを経て、オスカープロモーション所属。兄はフィギュアスケート選手の本田太一、姉はフィギュアスケート選手の本田真凜。妹は子役であり、フィギュアスケーターでもある本田紗来。
    38キロバイト (4,988 語) - 2018年12月31日 (月) 09:10



    (出典 ranran-entame.com)


    動画は本田望結「本気でやりたい」スケートへの思い変化をUP

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/04(金) 18:11:45.72 ID:CAP_USER9.net

    “美しすぎるフィギュアスケーター”本田望結(14)、紗来(11)姉妹が4日、東京・墨田区の東京スカイツリーで期間限定オープン中の「TOKYO SKYTREE TOWN ICE SKATING PARK 2019」(3月10日まで)を訪れ、恒例となったスペシャルスケーティングプログラムを披露した。

     2人の共演は今年で6回目。仲良し姉妹らしく息の合ったスケーティングで、観客の拍手を浴びた。望結が構成を練り、毎回違う曲、違う振り付けに挑戦する。

     30分で紗来に振り付け、わずか2時間の練習で形にしたというから、その才能に驚くばかりだ。望結は「今は紗来がいろいろと提案してくれるので助かっている。無事に滑り終えることができてよかった」と胸をなでおろした。

     昨年は11月の全日本ジュニア選手権に揃って出場。望結は総合12位、本来ノービスクラスの紗来は17位(10月の全日本ノービス選手権ではノービスA女子で2位)に終わった。

     望結は「去年はスケート中心の生活を送った。全日本ジュニアという大きな舞台には出られたものの、悔しい結果になり、スケートに対する気持ちが大きく変わった。単に好きだからやるという姿勢から、応援してくださる方のためにも上位に入りたい、本気でやりたいという気持ちが強くなった」と意気込む。

     一方で「決して芝居をあきらめたわけではない。芝居とスケートの両方を続けるのは中途半端と言われるかもしれないが、それを継続して“継続は力なり”にしたい」と、今後も芸能界と氷上の“二刀流”を貫くことを宣言した。

     さらには「これまでは自分の目標や思っていることを発信するのが好きではなくて隠していた。今年からは思ったことをすべて言って、気取らず強がらず、素直な自分でいきたい」と胸の内を明かした。

     また、4きょうだい中、一番の才能を持つと評判の紗来は「昨年は全部の大会でいい成績を収めたわけではないけど、国際大会や全日本ジュニアに出場させてもらって、新しいことを経験できた。今年はそれを生かし、“猪突猛進”で思い切って前に行きたい。今年はノービス最後の年だし、姉と同じ大会に出る機会が増える。お互いに頑張っていい成績を残したい」と力強く語った。


    2019年01月04日 15時25分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/eyecatch/1237660/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    【【両立】本田望結 今後もフィギュアと女優続けます宣言をする...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    紀平 梨花(きひら りか、英語: Rika Kihira, 2002年(平成14年)7月21日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。兵庫県西宮市出身。血液型はO型。 N高等学校在籍中。3歳のときに母親と姉とともにアイスリンクに行きスケートと出会い、5歳のときにスケート教室に入っ
    22キロバイト (1,400 語) - 2018年12月8日 (土) 23:21



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/12/09(日) 07:54:58.37

    紀平梨花が快挙!真央以来13年ぶりデビュー年ファイナル制覇 ザギトワ抑えた
    12/9(日) 7:51配信

    フィギュアスケートのGPファイナルは8日(日本時間9日)にカナダ・バンクーバーで女子フリーが行われ、
    ショートプログラム(SP)1位の新星・紀平梨花(16=関大KFSC)が初優勝を飾った。
    日本勢としては2013年の浅田真央以来の優勝、また、2005年の浅田以来となる
    GPデビューシーズンでのファイナル制覇の快挙となった。

    SPで、ルール改正後の今季世界最高得点をマークし首位に立った紀平。
    前日の公式練習では、SPでも決めた3回転半(トリプルアクセル)は
    10回跳んで9回着氷するなど好調を維持し、フリーでも会心の演技。
    宮原、坂本に加えて、平昌五輪金メダルのザギトワ(16=ロシア)、
    トリプルアクセルの使い手のトゥクタミシェワらロシア勢がはだかる激戦を制した。

    12/9(日) 7:51配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000058-spnannex-spo
    GPファイナル・女子FS
    https://sports.yahoo.co.jp/contents/2722

    1 Rika KIHIRA  JPN  233.12
    2 Alina ZAGITOVA  RUS  226.53
    3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA  RUS  215.32
    4 Kaori SAKAMOTO  JPN  211.68
    5 Sofia SAMODUROVA  RUS  204.33
    6 Satoko MIYAHARA  JPN  201.31
    http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/SEG004.HTM
    http://www.isuresults.com/results/season1819/gpf1819/CAT002RS.HTM


    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)


    【【祝砲】紀平梨花 ☆GPファイナル女子、浅田真央以来5年振り3人目の快挙!!ザギトワ抑えた】の続きを読む

    このページのトップヘ